Line
多田 敏明 TOSHIAKI TADA:Partner

■ 経歴

1993年3月早稲田大学法学部 卒業
1994年4月最高裁判所 司法研修所(48期)
1996年4月第二東京弁護士会 登録
1996年日比谷総合法律事務所 入所
2001年5月ニューヨーク大学ロースクール修士課程 修了
2001年7月Weil, Gotshal & Manges LLPニューヨークオフィス勤務
2002年7月ニューヨーク州弁護士 登録
2002年9月日比谷総合法律事務所 帰所
2016年~神戸大学大学院法学研究科 非常勤講師(博士課程後期課程高度専門法曹コース「独占禁止法実務」担当) 
神戸大学 客員教授

■ 著書・論文

「論点体系 独占禁止法」白石忠志、多田敏明編著(第一法規、2014年)
「実務に効く 公正取引審決判例精選」泉水文雄、長澤哲也編(有斐閣、2014年)
  『二次的市場における顧客の囲い込み戦略』
「独占禁止法の国際的執行」土田和博編著(日本評論社、2012年)
  『国際カルテルと日本独禁法の執行』
「不当な取引制限に係る課徴金をめぐる諸改正」ジュリスト1385号(2009年9月15日号)
「ユーザーサイドから見た課徴金減免制度とその運用」公正取引696号(2008年10月号)
「独占禁止法における不服審査手続の在り方」ジュリスト1342号(2007年10月1日号)
「別冊NBL 企業のコンプライアンスと独占禁止法」大西一清編(2006年11月)
  『独禁法コンプライアンス体制の現状と課題』
  『米国反トラスト法とコンプライアンス・プログラム』
「課徴金減免制度の運用と今後の課題」法律のひろばVol.58.No.12(2005年12月号)
「独占禁止法の手続的側面に関する改正」自由と正義(2005年12月号)